2014年2月アーカイブ

沖縄の不動産は魅力的

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここ数年、不動産投資に人気が集まっています。
私も興味がありますが、都市圏ではそれこそまとまった資金が
必要で、中々始めるに至らないのが現状です。


そこで注目したいのが沖縄の不動産です。
こちらの地価は東京や名古屋、大阪と比較して
かなりお安くなっています。


沖縄といえば、青い海と青い空、大自然に魅せられて、
いつかは沖縄に移住したいと思う人は多いです。
通常の不動産投資では、沖縄の経済事情もあり、
収益を挙げることは、難しいのが現状です。


事実、賃貸住宅空室率は全国最低水準なんです。
私なら、別荘兼宿泊施設として長い目で収益を挙げる事を
検討したいと思います。


何分、投資に掛かる初期費用は都市圏に比べ
圧倒的にお値打ちだからこそできる投資だと思います。

わたしは今、彼氏と同棲するために色々な不動産情報を探しています。


沖縄の不動産がいいので、とにかくそちらの方面の情報を検索しているのですが、やはり沖縄の方が東京より土地が安く、比較的簡単に一戸建てを買えてしまいそうなので安心しています。



今は都内でギリギリの生活をしているのですが、貯金を使って一戸建てを買ってしまえば家賃の心配もなくなるので、最近彼氏と沖縄永住計画を密かになっているのです。



もし沖縄に家を買えたら、結婚して子供を作りたいと思っています。
この間沖縄に遊びに行ってきて、綺麗な海で泳いだり、イリオモテヤマネコを観に行ったり、シーサーやキジムナーのお土産を買ったりと満喫して来ました。

そして普段の生活に戻り、寒い冬がやってくると急にその時の思い出が蘇ってきて、また行きたいなと思うようになりました。
最近はそれだけでは飽き足らず、沖縄の不動産情報を見ながら、沖縄に住む妄想をしています。

もし手頃な物件があったら、別荘として購入し、気が向いた時に遊びに行くのが夢です。
消費税が増税されることになって、その前に何か不動産を所有したくなったのですが、別荘として日本のどこに住みたいのかを考えてみますと、現在北の方に住んでいるので、沖縄はどうかと思いました。

地元では海で泳いで遊ぶことはまずありませんし、普段から私は旅行などで海に遊びに行くことも無かったので、沖縄に行って日常的に海水浴を楽しむのも悪くないと思いました。

実際に行ったことはないので、住み心地がどうかは分かりませんが、今度旅行に行って体感してこようかと思います。
最近友人が沖縄に不動産を買ってそこに住みたいと言い出したので、「どうしたんだ、急に」と問いかけてみましたら、「都会であくせくして暮らすより、暖かい所で大らかな気分になって暮らしていきたい」というような返事が返ってきて、確かに私も都会人ですし沖縄には行ったことはありませんが、沖縄にはそういうイメージを持っていたので「そうか」とうなずきました。

ただ実際にそこで暮らすとなると、夏とか暑そうだし、台風等も心配なところですが、友人はすっかり乗り気で、嬉々として不動産の情報を集めておりました。
沖縄は本土と違い文化などが違うために、地域によって不動産物件の特徴が違います。
沖縄で不動産物件を探すには、不動産会社のサイトを調べながら自分に適した場所であり快適に生活できる場所を探すことが大事です。

沖縄の不動産情報を知ることで、物件の特徴などを考えてから好みの物件を探す方法が望ましいです。
沖縄の不動産情報は沖縄でも有名な不動産会社を探すことが重要であり、地域ごとの特徴を理解してから通勤や通学にも活用できる物件を探す方法が望ましいです。
沖縄には地元でも有名な不動産会社があるために、周辺の物件を探すには便利です。
不動産会社を活用する方法とは、自分の好みに合った物件を探してもらえることや地域ごとの特徴を知っていることが大事です。

沖縄は日本本土とは違い交通状況なども違うことや、離島などでは市街地も少ないために不動産物件も限られます。
不動産情報を探すには不動産会社をうまく活用することが重要であり、周辺の状況を知っている会社に依頼し相談しながら決めることが大事です。
私の主人はあと5年で定年になります。2人の子供達は大学の時にアメリカに留学して、そのままそちらで就職し家庭を持ちました。ですから主人の定年後には今住んでいる埼玉にしがみついている理由もないので、温暖な沖縄でのんびりと暮らせたらと話しています。またアメリカから子供達が孫を連れて戻ってきた時にも沖縄の方がずっと楽しく過ごせそうだとも思っています。ですから手頃な不動産が売りにでていないかと主人と2人で色々と探しています。

沖縄で子育てをしたい

| コメント(0) | トラックバック(0)
私達夫婦は都内で飲食店を経営しています。もうすぐ念願の子供が生まれるのですが、子育てをするのなら都会ではなく自然に囲まれた所が良いと妻と話しています。
そこで私達が考えているのは今都内にある店をたたんで沖縄に引っ越してそこでペンションを開くという事です。
沖縄は温かく海も綺麗なので子供ものびのびと育ってくれるのではと思います。周りはそんなに簡単な事じゃないと反対していますが、私達はネットで色々と沖縄の不動産の情報を集めている最中です。
沖縄といえばリゾート地としてのイメージが強いのは私だけでしょうか。

蒼い空に透き通る海、自然にも恵まれている沖縄に憧れます。

いつかは別荘を持ちたいと思う今日この頃です。

実際、沖縄の不動産事情を調べてみましたが、

中心地の那覇市をはじめ、グルメや観光エリアとして

人気エリアのうるま市などの物件でも

都市圏と比較してもかなりお手頃な価格で購入できます。

別荘として所持しながら、普段は宿泊施設として

貸し出すのも良いのかもしれません。

今では不動産投資に注目が集まっていますが

沖縄での不動産投資も悪くないかもしれません。

沖縄は鉄道が発達していない地域であり、交通にはバスが必要です。
不動産物件はバス停の近くなどに需要が高く、那覇市などの大都市に通勤や通学などに活用できます。

沖縄では大手企業のコールセンターなどが多く開設されている地域であるために、賃貸マンションなどを活用して利用する方法としても活用されています。
沖縄の不動産物件は比較的家賃が安く暮らしやすいことが特徴であり、自転車などがあれば交通を気にせずに自分に適した物件を探せます。

去年叔父が亡くなりましたが子供がいなかったので私に叔父の財産がまわってきました。かなり裕福だったので私もちょっとした不動産が買える位の金額を相続したのでした。
そこで今考えているのが沖縄のリゾートマンションを購入する事です。私は大阪に一戸建てを建てて住んでいますが、もし沖縄マンションを買えば人に貸して家賃収入を得る事ができます。そしてそのうち定年したら私がそこに引っ越すのも悪くないと考えているからです。ですからこまめに沖縄の不動産をネットでチェックしています。

内地の半額

| コメント(0) | トラックバック(0)
沖縄の不動産は内地(本土)の半額ぐらいで同じ大きさのものが手に入る事が大半です。沖縄の平均的収入に合わせて家賃も安いという訳です。
但し、駐車場がついていないマンションのような物件の場合、駐車場代は少し高いと感じるかもしれません。
後は沖縄の不動産屋は未だに昔ながらの方法で、家賃を直接払い込みに行くような所もまだまだ多く残っています。
ちなみに、沖縄のキレイな海が見えるような物件に住んでいるのは大抵ナイチャー(本土の人)です。地の人は台風、サビ対策を考えて海の近くには絶対に住みません。
私は早期定年退職をしてまだ元気なうちに沖縄で第二の人生を過ごしたいと考えています。もちろん妻も私の意見に賛成してくれています。釣りをはじめとして、ダイビングや写真が趣味ですので、温かい沖縄で充実した日々を送りたいと夢みているのです。今は都内のマンションに住んでいますが、いずれはこのマンションを売って沖縄に不動産を購入するつもりでいます。ですから環境、交通の便、病院等の事を考慮しながら色々な物件をチェックしています。
わたしは現在東京で家賃12万円のマンションに住んでいるのですが、このままだと収入の大半を家賃に持って行かれてしまうので、最近では家賃4万円以下の物件を探すようになっています。

特に、今狙っているのは沖縄です。

テレビで「沖縄には安くて広い物件がたくさんある」という情報を知ってから、沖縄の不動産を探すようになりました。

まだ、「ここだ」といったところは見つかっていないのですが、探し続ければいいおうちが見つかりそうな予感がするので、とにかく住みよい所を探して早く引っ越したいと思っています。
わたしは今、彼氏と同棲するために色々な不動産情報を探しています。

沖縄の不動産がいいので、とにかくそちらの方面の情報を検索しているのですが、やはり沖縄の方が東京より土地が安く、比較的簡単に一戸建てを買えてしまいそうなので安心しています。

今は都内でギリギリの生活をしているのですが、貯金を使って一戸建てを買ってしまえば家賃の心配もなくなるので、最近彼氏と沖縄永住計画を密かになっているのです。

もし沖縄に家を買えたら、結婚して子供を作りたいと思っています。
冬になって日本の寒い地方に住んでいると、沖縄に別荘を持って、その間そこに移り住みたくなる衝動に駆られます。

ただ沖縄の不動産サイトを眺めているだけでも、透き通る青い海に広がるサンゴ礁でスキューバダイビングを楽しんだり、少し本土とは違った感覚の建物等の雰囲気に惹かれます。

夏は暑くて参ると思いますが、私はゴーヤが好きなので、本場のゴーヤチャンプルーや他の色んなゴーヤ料理を堪能してみたい気持ちもあります。

沖縄の不動産の探し方

| コメント(0) | トラックバック(0)
沖縄の不動産の探し方には、ちょとしたコツが有ります。それは、必ず地域に密着した、老舗の不動産店を使用することです。
沖縄は建物の構造が特殊な場合があります。それに加えて古くからの町、建物が多く、そのため顔なじみの多い古くからの密着型不動産店の方が、様々な便宜をはかってもらえる可能性があるのです。
特に家賃の安さに目が行きがちな沖縄ですが、さらに敷金礼金や仲介料にも目配せしてもらえれば完璧ですよね。地域密着型のお店なら、きっと役に立ってくれるでしょう。

沖縄の不動産事情って?

僕の沖縄の不動産に関する思いでとしては、
よく知っている女の子が会わないうちに、沖縄に移住していました。すでに結婚もして子供も何人かいます。もうそれなりにおばちゃんなのかもしれませんが、まだまだ若い印象もあります。

どうやって沖縄に引越しをしたのか、結婚で引越しをしたのかなど、詳しく聞いていないためわかりませんが、移動距離が大きいと活発な印象を受けます。

沖縄には疎いため、よく知りませんが、ただその女の子が移住しているという事実だけを知っています。

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。