2014年3月アーカイブ

沖縄県の人口1人あたりの県民所得(雇用者報酬・財産所得・企業所得の合計)は、47都道府県中で最下位です。その差は、1位の東京の半分以下です。そのせいもあり、賃貸・分譲ともに不動産価格は東京都に比べて大幅に安価に設定されています。沖縄県は、地価と人件費が他府県と比べて安価なことが理由です。

那覇市のような都市部では分譲マンションの案件が比較的多いですが、それ以外では戸建て物件が多いのが沖縄県の不動産の特徴です。また、沖縄は土地の起伏が激しいので、交通の便や医療・買い物・学校の環境を考慮しつつ、沖縄でお気に入りの不動産を見つけてください。
沖縄の不動産というのは、非常に安いというのが特徴です。

本島から大きく離れた離島であるということもありますが、人口密度的にも他と比べて非常に薄く、人口に対しての土地の量が余っているということも理由の一つです。

そのため、値段に比べてやたらと広く、賃貸であれば東京のワンルームの額で一軒家が借りれたりすることもあります。
その一軒家というのも、地域柄に合わせた本州よりも風通しの良い過ごしやすい家となっています。

観光地として高い注目を浴びる地域でありながらも、非常にリーズナブルで大きい土地を所有出来るのが沖縄の不動産の魅力です。

沖縄の不動産情報

| コメント(0) | トラックバック(0)
仕事の都合で、しばらく沖縄に滞在することになったので、ホテルよりも賃貸住宅を借りてしまうほうが経済的だろうということで、不動産会社を訪問していろいろと相談したのですが、本土での賃貸住宅の家賃と比べると、圧倒的に沖縄の賃貸住宅の家賃のほうが安かったです。やはり、本土と比べると不動産の土地価格に差があるので、賃貸住宅の家賃にも差が出てくるのですね。結局、家賃5万円のマンションを借りて入居することにしましたが、家賃5万円の賃貸住宅でも、一人で住むには大きすぎる家が借りられたので、なんだかとても得をしたような気分になれました。
近年の移住ブームにより、リーゾート地でも人気のエリア沖縄に移住される方も増えているようです。それに伴い不動産の価格は高騰しており、年々上昇しています。沖縄不動産での人気エリアとしましては、本島では、那覇市を中心におもろまちや天久地区の新都心でも開発が進んでいることもあり、不動産の価格も上昇傾向にあります。特に那覇市内ではバスやタクシー等交通の便も良く、スーパーや病院等も多く比較的生活しやすい環境となっています。基本的には再開発された住宅地では、道路環境など整っていますが、旧集落地域では道路が狭かったりとまだまだ開発には時間が掛かるようです。

不動産を購入されるのであれば、まずは地元の状況を入念に把握する事をおすすめします。又、本格的に移住を検討されているなら地価の高騰もありますので早めに不動産を押さえて置いた方が無難かもしれません。
国内で人気の旅行スポットといえば沖縄県。
青い空と葵い海、そして豊かな自然に囲まれた独特の空間に癒されます。こんな環境に魅了され永住される方も多いようです。私もいつかは別荘なんか持ちたいと思っています。
故なら、沖縄の不動産はかなりお求め安い価格なのです。

都市圏に比較すると、同じ土地の広さでも半額近い価格で購入できちゃいます。毎回旅行するたびにホテル代を払うのですが、それならいっそうの事 別荘を持った方が気兼ねなく過ごせそうな感じがします。それに普段使わないときは、賃貸として貸し出す事や、それこそ宿泊施設として貸し出しても良いかなと思っています。何はともあれ、沖縄の不動産は場所によってはかなりお買い得物件があるようですから、地元の不動産会社の方と親身になっておく必要がありそうです。

沖縄の不動産は魅力的

| コメント(0) | トラックバック(0)
ここ数年、資産運用の1つに不動産投資に人気が集まっています。その背景には金利の安い預金やリスクの高い株式等と比べて、収益性が最も高い事も挙げられます。
しかしながら、特に都市圏での投資ではまとまった資金が必要になり、簡単に始める事はままならないのが現状です。
そこで注目したいのが沖縄の不動産です。こちらの地価は都市圏と比較してもかなり格安ですので購入しやすいです。しかしながら、安いだけの事はあり、沖縄の経済事情からして通常の不動産投資のような収益を見込むのは難しいのが現状です。
沖縄といえば、青い海と青い空、大自然ではないでしょうか。
観光客やいつかは沖縄に移住したいと思う人も多いです。
私なら別荘として普段は宿泊施設として収益を挙げる事を
目的に沖縄の不動産を購入してみたいと思います。

沖縄といえば、透き通る青い空とエメラルドグリーンの海。
移住者の多くがこのような自然に魅せられる方も多いようです。
又、年中ダイビングやサーフィンなどマリンスポーツが気軽に楽しめるという環境も人気の秘密でもあります。
移住するうえで必要な不動産。沖縄の不動産は本土に比べかなり格安です。東京の不動産価格で戸建て付き住宅が購入できることもあります。又、賃貸にしてもとても安く借りられます。

ですので定年後に沖縄へ移住する方も多いようです。
ちなみに沖縄で不動産を探す際には、地域に密着した不動産を使用することが、いろいろな面で得策だと思います。

冬になって日本の寒い地方に住んでいると、沖縄に別荘を持って、その間そこに移り住みたくなる衝動に駆られます。


ただ沖縄の不動産サイトを眺めているだけでも、透き通る青い海に広がるサンゴ礁でスキューバダイビングを楽しんだり、少し本土とは違った感覚の建物等の雰囲気に惹かれます。


夏は暑くて参ると思いますが、私はゴーヤが好きなので、本場のゴーヤチャンプルーや他の色んなゴーヤ料理を堪能してみたい気持ちもあります。

沖縄には大都市が比較的少ないために、不動産物件は様々な特徴があります。

那覇市などの大都市圏には多くのマンションなどが多いですが、北部の海沿いの地域には民家などが多く一戸建ての家が多いです。


沖縄は不動産物件が比較的限られていることもあり、周辺の特徴などを把握しながら住みやすい場所を探す方法が望ましいです。

沖縄の地理などに詳しい地元でも有名な不動産会社の店などを利用することで、好みに合った物件を探すことができ安心して生活できます。

内地の半額

| コメント(0) | トラックバック(0)

沖縄の不動産は内地(本土)の半額ぐらいで同じ大きさのものが手に入る事が大半です。沖縄の平均的収入に合わせて家賃も安いという訳です。

但し、駐車場がついていないマンションのような物件の場合、駐車場代は少し高いと感じるかもしれません。

後は沖縄の不動産屋は未だに昔ながらの方法で、家賃を直接払い込みに行くような所もまだまだ多く残っています。

ちなみに、沖縄のキレイな海が見えるような物件に住んでいるのは大抵ナイチャー(本土の人)です。地の人は台風、サビ対策を考えて海の近くには絶対に住みません。

私は早期定年退職をしてまだ元気なうちに沖縄で第二の人生を過ごしたいと考えています。

もちろん妻も私の意見に賛成してくれています。釣りをはじめとして、ダイビングや写真が趣味ですので、温かい沖縄で充実した日々を送りたいと夢みているのです。今は都内のマンションに住んでいますが、いずれはこのマンションを売って沖縄に不動産を購入するつもりでいます。

ですから環境、交通の便、病院等の事を考慮しながら色々な物件をチェックしています。

わたしは現在東京で家賃12万円のマンションに住んでいるのですが、このままだと収入の大半を家賃に持って行かれてしまうので、最近では家賃4万円以下の物件を探すようになっています。

特に、今狙っているのは沖縄です。

テレビで「沖縄には安くて広い物件がたくさんある」という情報を知ってから、沖縄の不動産を探すようになりました。

まだ、「ここだ」といったところは見つかっていないのですが、探し続ければいいおうちが見つかりそうな予感がするので、とにかく住みよい所を探して早く引っ越したいと思っています。

沖縄の文化は何か私をノスタルジックにさせる部分があるので、この間旅行に行った時もまるで故郷に帰った時のような居心地の良さがありました。

これだけ自分の感覚に馴染むのなら、いっその事住んでしまえば良いのではないかと思い、沖縄の不動産情報を調べる様になりました。

実際に移り住むとなると仕事や家族、交友関係等の理由から、今すぐに引っ越す訳にはいきませんが、将来定年退職して時間が出来たら、真剣に考えようと思います。

沖縄に移住

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は今日本の本島に住んでいますが夫を定年に沖縄で暮らしたいなと考えていました。

去年から始めたFACEBOOKで知り合った人達の何人かの話を聞いたり毎日のやり取りの中でお勧めのシニア生活を始めるにあたっての情報サイトなどをいろいろ調べたり沖縄にある不動産会社を時間がある時に休日に何件か遊びがてらに夫と二人と回りながら観光をした。

夫の希望する島を中心に沖縄の不動産会社の人とぶらぶらのんびりと二人で第二の人生を始める場所を決めていった。やはり沖縄の不動産会社の人を皆のんびりですね。

沖縄の不動産の探し方

| コメント(0) | トラックバック(0)

沖縄の不動産の探し方には、ちょとしたコツが有ります。それは、必ず地域に密着した、老舗の不動産店を使用することです。

沖縄は建物の構造が特殊な場合があります。それに加えて古くからの町、建物が多く、そのため顔なじみの多い古くからの密着型不動産店の方が、様々な便宜をはかってもらえる可能性があるのです。

特に家賃の安さに目が行きがちな沖縄ですが、さらに敷金礼金や仲介料にも目配せしてもらえれば完璧ですよね。地域密着型のお店なら、きっと役に立ってくれるでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。