2014年6月アーカイブ

日本屈指のリゾート地としてとても人気となっているのが沖縄ですが、国内外問わずたくさんの観光客が訪れるという本当に賑わっている土地なんじゃないかと思います。しかし最近では観光だけでは物足りないということで、沖縄に移住したいと考えている方も増加の傾向にあるようですね。

そうなってくると気になってくるのが沖縄県の不動産に関する情報なんじゃないかと思います。自分の足で不動産会社を周るというのもいいんですが、労力的なことを考えたらやっぱりネットの不動産情報サイトを賢く利用したほうが、より良い物件を短時間で見つけられる可能性は高くなるんじゃないかと思います。
沖縄の不動産物件に対する需要は、季節と関係があります。この県の物件は、主に春と夏に需要が多くなる傾向があります。

例えば去年などは、沖縄の不動産物件に対する需要は3月にかなり多かったのです。3月には、その地域に移住してきた方々が多かったからだと言われています。

それと7月と8月も、また移住者の数が増えました。3月に匹敵するほどの移住者数で、やはり不動産物件に対する需要が伸びていたそうです。

逆に12月などは、移住者の数が非常に少なかったそうです。ですのでこの地域の不動産物件は、冬は少し需要は少なめと言えます。やはり春と夏に、需要が多いと言えるでしょう。
情報化社会と言われている現代において、インターネットは強力な情報源となっています。

それは不動産における分野でも同じ事がいえます。

毎年多くの方が観光に訪れる沖縄にも、賃貸住宅から分譲マンション、新築や中古の一戸建てなど数多くの物件があります。

沖縄で生活することを考えている方は、地元の不動産に問い合わせて物件を探すこともできますが、インターネットを活用してご自身でも探すことができます。

地元の不動産だけではなく、全国展開している不動産がホームページを運営しているので、希望する条件を選択していくだけで、その条件に合った物件を絞り込むことができるのです。

不動産情報を上手に活用して、多くの魅力がある沖縄で新しい生活を始めましょう。
沖縄に行って不動産を探すというのは難しいことです。その理由としては、沖縄は島で構成されているために、移動するだけで時間がかかるのです。そのため場所を決めてから不動産を探した方がいいと思います。まずはインターネットで検索してください

ネットで不動産を検索することによって、島ごとにどのような不動産が売られているのかを知ることができます。これによって多くの情報を得ることできますから、購入の参考にすることができるでしょう

現地に行くのは不動産を絞ってからでも構いません。ネットで色々な物件を見て、最終的に実物を見たいと思った数件を見学しに行けば問題ないでしょう

沖縄の不動産

| コメント(0) | トラックバック(0)
沖縄の不動産は、今後どのような変化をするだろうか。沖縄は、日本の中でも特徴的な地域かもしれません。基地もあり、

色々東京などとは違う雰囲気があります。そのため、沖縄の土地や不動産は、行って見てみないことには、わからないと思います。しかし、東北と全く異なるこの地域は、雪が降らないので年間を通じて利用出来るため、その価値はかなりあります。

雪が降ると、人はあまり外出をしなくなるので、真冬にはレストランのお客様が減ってしまう北の方の地域と、沖縄では、観光客も安定しています。そういうことも含め、沖縄の不動産を見てみると良いです。
不動産投資にとって大事な概念の1つは、空室率です。人々の中には、家賃収入を目当てにしている方々もいらっしゃるのです。そのような方々の場合、地域の空室率が低いか否かは大事な問題かと思います。

ところで沖縄にある不動産物件の空室率はどうなっているかと言うと、中央部は空室率が低いです。沖縄市や中東郡などは、この地域の中でもかなり空室率は低いのが特徴です。

逆に那覇市や名護市などは、空室率がかなり高めです。どちらも現状12%を上回っている状況なのですが、それは沖縄県としてはかなり高い方です。

この県にある不動産物件の空室率は、総じて南部エリアほど高い傾向にあると言えるでしょう。
グーホームは、沖縄県の不動産を紹介するサイトとしては最大級の規模を誇る不動産情報サイトです。グーホームの魅力は、単に掲載されている不動産の数が豊富であるということ以外に様々な特集が組まれているという点が挙げられます。

例えば、「庭付きの不動産」や「海が見えるマンション」、「ペット可の不動産」などいろいろな特集があります。また、地域密着型の不動産情報サイトですので、沖縄に住む人から直接聞いた沖縄のライフスタイルや特徴などのコンテンツも用意されており、これから沖縄で不動産を見つけたいという方にはピッタリとなっています。
独自の食文化や自然環境など多くの魅力がある沖縄は観光地として大変人気があります。

そして、沖縄の魅力を感じて、生活の拠点を沖縄に移すという方も少なくありません。

その様なときには拠点となる住居が必要となります。

賃貸にしても分譲にしても、不動産でどのような物件があるのか探すことができます。

そして、ご自身の希望する条件に合わせた物件を探すことも可能です。

例えば都市部として那覇市内で探す、観光地で生活したいので恩納村で探すというように、地域ごとで探すことができるのです。

希望する物件を見つけることができるように、活用できる情報を上手に活用しましょう。
沖縄に住むのなら、美しい海を眺められる海岸沿いを希望する人が多いと思います。土日の休みには海に出て、釣りをしたり、ダイビングをしたり、バーベキューをしたりと胸膨らませることでしょう。

でも、実際住むとなるといろいろな問題が発生するものです。交通が不便で気軽に買い物もできなかったり、津波の心配をしたりと思わぬ障害に出くわすことになります。

不動産を選ぶ時には、このようなことを熟慮した上で決めなければなりません。沖縄の全てが南国パラダイスではないのです。

後悔しない人生を送るためにも、しっかりと計画を練ってから不動産を選ぶようにしましょう。
沖縄の不動産物件の特徴を一言で申し上げれば、やはり「海」だと思います。

この地域にある各不動産会社は、取り扱っている物件をネット媒体でアピールしています。その際に物件の画像を掲載している事が多いのですが、そのほとんどには海の画像が掲載されているのです。総じて綺麗な海の写真が掲載されている事が多いのですが。

他の地域の場合は、そうではありません。私の家の近所にある物件の広告では、海というより川がアピールされています。近くに川があるからです。そうかと思えば、森をアピールしている広告が多く見られる地域もあるのですが。

しかし沖縄の不動産物件の場合、総合的には海が強調されている事が多いです。海は、この地域の物件のキーワードの1つだと思います。
沖縄の那覇市にある不動産物件には、賃貸のタイプがかなり多く見られます。この地域の賃貸物件は、礼金敷金が特徴です。

この地域の全ての賃貸物件の中で、敷金がゼロ円のものは半数以上を占めています。それと礼金がゼロ円の物件も、半数以上なのです。

それは日本全国の中では、かなり高い方です。日本本土の場合、ゼロ円の物件は3割程度や4割程度という地域が多いからです。すなわち沖縄の不動産物件は、礼金敷金ゼロが多いのが特徴と言えます。もしも礼金敷金ゼロ円の賃貸物件を探している場合、沖縄の不動産物件などは良いかもしれません。

ただし沖縄でも、礼金と敷金が発生する物件もあります。その場合、礼金も敷金も家賃1ヶ月程度になる場合が多いです。
不動産物件を探す時は、病院は大事です。物件の近くに病院があれば、万が一病気になった時にもすぐに通院する事ができるからです。

沖縄の不動産物件を探していて、病院を重要視していると想定してみましょう。その場合、那覇地域にある物件がおすすめです。なぜならその地域は、沖縄の中でも病院の数がかなり多いのです。その地域でしたら、万が一の病気の際にもご安心かと思います。

また那覇地域は、沖縄の中でも店舗の数が多いです。そのため普段の買い物などでも、とても便利です。

生活の利便性を考慮すると、沖縄の那覇地域の不動産物件はおすすめと言えるでしょう。
沖縄移住を考えて新築の不動産を建ててしまおう!そう思う人も、いるのではないでしょうか。あこがれの沖縄で、新しい家で暮らすなんて夢のようですね。



ただ、沖縄は暑いんだからといって、冷え対策を講じないで家を建てるのは、やめたほうがよいかもしれません。沖縄といえど2月ごろは、それなりに冷えるものです。地元の不動産に詳しい人と相談して決めると良いですね。



さらに、沖縄には沖縄時間というものが存在しているようで・・。この時期までと決めても、予定までに不動産が出来上がっていない可能性も考慮に入れておきましょう。何事も郷に入れば郷に従えってことですね。
最近の東京地域の不動産物件などは、だんだんと高層化が進んでいます。随所にてタワー型の物件が増加しているのです。

ところで沖縄にも、タワー型の不動産物件はあります。ただし数は少なめです。現時点では、中古の物件でもタワー型のものは10件にも満たない状況です。

その貴重なタワー型の不動産物件があるのは、主に那覇エリアです。他地域には、ほとんどタワー型の物件がありません。そのためもしも沖縄地域にてタワー型の不動産物件を探している場合、主に那覇地区で探す事になるでしょう。

ちなみにこの地区のタワーマンションの場合、築年数が浅いのと交通至便な物件が多いのが特徴です。
誰でも一度くらいは、リゾート地に別荘を持ってレジャーを楽しんでみたいと思ったことはあるものです。日本各地にはたくさんのリゾートエリアや観光地があります。その中でも沖縄は非常に人気が高いことでも知られています。
沖縄には不動産物件が豊富にあります。リゾートマンションの賃貸物件も沢山あり多くの人が利用しています。観光やマリンスポーツを楽しむために、沖縄へよく行く人であれば、賃貸でリゾートマンションを利用する方法もあります。沖縄にも色々な地域があるので、その人の目的に合ったエリアや立地、間取りで選ぶ方法があります。
私は海外を通して色々なリゾート地を回ってきましたが、最早慌ただしく生きる毎日を捨て去って、リゾート地に住んで毎日を優雅に暮らしていきたいという欲望が日に日に大きくなってきました。



そしてそのことを現実に実行するのであれば、海外のリゾート地に住むのは言語やそれ以外の障壁が大きいと思ったので、結果的に日本のリゾート地である沖縄が候補に挙がりました。



手始めとして沖縄の不動産サービスの方に色々とお話をお伺いしたところ、条件的にも悪くない感じだったので、今は毎日リゾート生活という欲望実現に向けて、着々と準備を進めている最中であります。

沖縄の不動産相場

| コメント(0) | トラックバック(0)
沖縄に永住したいと考えていても、いざ不動産購入となると勇気のいることです。そんな不安に感じる人は、まず賃貸暮らしから始めてみたらいかがでしょうか。

そこで気になるのが賃貸の相場ですが、東京のような都会に比べればはるかに安い値段で借りることができます。県庁所在地である那覇市のマンションでも、ワンルーム5万円前後、3LDK10万円前後で貸し出しを行なっています。もっと辺鄙な地域となると、これよりさらに安い値段で借りることができるのです。

そうして賃貸暮らしを数年経験してから、不動産購入に踏み切れば良いのです。沖縄暮らしに憧れている人は、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。
沖縄の不動産を選ぶときに気になるのは、どこを選んだらいいのか基準がわからない、という点です。これが意外と多くの方が悩んでいるポイントで、しっかりと決めておかないとスムーズに事は運ばないでしょう。

そこで、沖縄の不動産を選ぶ際には、大手か地域密着型か、選ぶようにしてみましょう。大手はそれだけ安心感がありますし、地域密着型はその不動産だけの情報を持っていることも珍しくありません。

どちらも一長一短なので、沖縄の不動産を選ぶときにはこれからの家探しにより適しているほうを選ぶようにすると、満足のいく結果になるでしょう。
これから沖縄の不動産を利用していざ新生活、というときにトラブルが起きてしまっては、目も当てられません。そこで重要になるのが、沖縄の不動産とその選び方なのです。では、どのようにして選べばよいのでしょうか。その方法について、紹介します。

例えば、不動産が仲介する形で物件を紹介する形です。これは他に貸主がいるパターンでの不動産の立場なので、不動産はあくまでも仲介人としての立場となります。他にも、不動産自体が貸主に当たるケースも存在します。

このように色々と不動産の形態は違うもので、それぞれの合わせた不動産選びが重要になるのです。
沖縄の不動産に居住する場合、自動車が必要と言われています。その理由は2つあります。

1つは、沖縄地域は日本本土のような鉄道網がありません。地域によっては鉄道が走っていない事もありますので、移動の際には自動車がほぼ必須という訳です。

2つ目の理由は坂です。沖縄は、高低差が比較的大きなエリアです。場所によっては坂道がきつい場合もあります。そのような場所を徒歩で移動するのは、もちろん大変なものです。

このような2つの理由により、沖縄の不動産物件に居住する場合には自動車がほぼ必須という訳です。そのため駐車場なども、あの地域では大事だと思います。
沖縄の南部よりもやや中央寄りに、うるま市があります。その市の不動産物件などは、かなり魅力的ではないでしょうか。

その理由ですが、自然です。沖縄の中でも、かなり海が綺麗なのだそうです。サンゴ礁に大きな特徴があります。海だけではなく、緑も非常に豊かです。市内の随所には色々な公園がありますが、それに魅力を感じている地元住民の方々も多いそうです。

それと街の雰囲気です。どことなく昔の情緒を感じさせる雰囲気となっていて、懐かしさのようなものが感じられます。

つまり自然の豊かさと街の雰囲気という2つの理由によって、沖縄のうるま市の不動産物件はおすすめです。
私の主人が沖縄出身で、ご両親と兄夫婦が、2世帯住宅で

沖縄の那覇市に1戸建ての住宅を建てましたので、そのことについて記事にしたいと思います。

2世帯住宅で建て坪40坪なので、結構ゆとりの有る住まいです。

兄夫婦は、お子さんがいないので、2階で夫婦二人と犬2匹で生活して、ご両親は1階で生活しています。

間取りは、1,2階共3LDKです。

沖縄の不動産は、本州よりも安く造れるのだろうと思って

聞いてみた所、土地代は確かに安いと思いましたが、

建物に関しては、こちらで購入するのと、ほとんど金額が変わらなかったので、少し意外な感じがしました。

北海道のような北国に住んでいる人にとっては、1年中暖かい沖縄は憧れの対象でしょう。寒さで凍えることも雪に悩まされることもありません。沖縄に移住したいと考え、不動産に関する情報を集めたりすることもあることでしょう。

そんな沖縄の不動産情報集めは、おいそれと現地に飛び込むというわけには行きません。飛行機代が馬鹿になりませんし、できうるかぎり今住んでいるところで集めたいと考えるはずです。

そこで、便利なのがインターネットです。沖縄のような遠方の地域でも、好きなだけ不動産情報を集めることができます。不動産の価格、土地柄、周辺環境、そういった細かい情報集めに非常に適しているのです。
私は以前から沖縄に住みたいと思っていました。



本土とは少し異質のあの空気感が何とも言えないし、特に私がゴーヤ好きなのも大きな理由の一つです。



現在自分の家でもゴーヤを育てていて、それなりに沢山実はなっていますが、やはり本場のゴーヤの青々した外見と、目の覚めるような苦々しさには及ばなくて、現地の人に育て方の教えを乞いたいと思っています。



沖縄にはゴーヤパークというゴーヤ好きにはたまらないスポットもあるらしく、一体どのようなところで何があるのか想像しながら、沖縄の不動産情報誌を見ながら思いを馳せる毎日です
最近、沖縄にセカンドハウスを購入しようかと考えていて、色々と不動産屋の情報をチェックしていました。しかし、調べた感じだと最低価格でも2000万円のほど掛かるようです。セカンドハウスとしての購入ですが、これでは少し予算をオーバーしてしまいますね。

そこで考えたのが、不動産屋で一戸建ての賃貸物件を借りるという方法です。これならば、費用も分散できますし、年単位で気分を変えるための引っ越しも可能でしょう。現在はこの方法が現実味があるような気がしています。

沖縄の賃貸情報もチェックしていますが、物件の数も多く、立地や周辺環境はネットだけでは分かりませんね。ある程度の条件だけ決めておいて、次に沖縄に行った時に、不動産屋に案内してもらうとしましょう。
もう少し先の話になりますが、定年を迎えたら沖縄に移住しようかと計画しています。何度も沖縄旅行に行っている内に、沖縄の魅力に心が引かれていったのです。あれだけ綺麗な自然の中で生活できたら、毎日がのんびりと過ごせるのでしょうね。

このような計画もあって、暇な時に沖縄の不動産情報を検索してみたりしています。やはり、現在住んでいる地域よりも家賃は安めですね。これならば一戸建てを購入しても良い様な気がしています。

私は物件を見るのが好きなので、今年の夏に沖縄に旅行に行った際は、不動産屋さんに物件の下見ができないか聞いてみようかと考えているところです。不動産屋さんの紹介してくれた物件次第では、沖縄移住の計画が確実になるかもしれませんね。
進学や就職、転勤など様々な機会に一人暮らしをすることがあります。

その際には、独り暮らしに必要な物件を探すために地元の不動産や、インターネットの不動産情報を活用することができます。

南国として人気の高い沖縄にも数多くの不動産があり、独り暮らしをされている方も少なくありません。

一人暮らしに必要な間取りや設備、さらに通勤や通学のために必要な交通機関が近くにあるかどうかなど、様々な事柄を検討して物件を選ぶことができます。

インターネットで探すときには、必要な項目を選択して絞り込むことによって、地元の不動産に直接問い合わせをするときには、どの地域でどのような条件で探しているのかを明確に伝えることによって、必要な情報を得る事ができるでしょう。

一人暮らしであっても、生活を充実させるためにも不動産情報を上手に活用しましょう。
沖縄に移住を考える方は年々増えているようですね、その為に沖縄での物件なども数を増やし、更には設備自体も今ではグレードアップした物ばかりになっているようです。



何はあえて味のある物件だともあるので、そういった古い物件も住むための対象にしては如何でしょうか、きっと良い物件を不動産では紹介されていることでしょう。



不動産でも物件探しは大変さを極めるかもしれませんが沖縄に旅行を毎年している方にとっては辛抱どころですね。沖縄にさえ住んでしまえばいつでも数十分で海に出かけたり大自然を満喫したり出来るのですから。
沖縄の不動産物件は、投資に向いている一面があると思います。

ここ数年の沖縄の物件価格なのですが、上昇の兆しが見られるのです。最近本土から沖縄に移住しようと考えている方々が増えているからです。

ところで物件価格が上昇する以上は、沖縄の不動産物件は注目すべき存在かと思います。今後不動産の価格が上昇すれば、それで利益が発生する可能性も高まるからです。

思えば東京地域なども、最近は不動産投資の注目エリアです。数年後のイベントがその一因なのですが。しかし沖縄の最近の移住傾向を考慮すると、今後の沖縄も投資対象としては悪くないと思います。
沖縄は土地の価格がそんなに高いわけでもありませんから、物件の金額もそんなに高いことはありません。東京で物件を買うくらいの値段で、それなりにいい住宅を購入することができるという点が魅力的です

不動産を扱っているサイトやフリーペーパーを見ると、意外と安い値段で家が売られていることが分かります。小規模な家であれば1000万円以下で販売されていますし、豪邸と呼ばれているようなものであっても1億円以下という物件もあります。これを考えると、沖縄は安いなと感じてしまいますね

最近は移住をする方も増えているようで、比較的見た目が良くて安い物件が好まれています

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。